ブログ

あらたまった場に出ても恥ずかしくない服

65-08

夏ならポロシャツとジャケット、冬ならタートルネックとジャケットで幾重にもオシャレに見えるよ。「平服」=「あらたまった場に出ても恥ずかしくない服」ということを頭に入れた上で、招待されました先に対応して毫末アレンジを加えてコーディネートするそしたら大丈夫です。

いくども書きますが、平服は普段着ではありませんので、Tシャツやジーンズ、サンダルなどはNGです。「平服」はあくまで普段着ではない、ですのではご理解いただけたかと思う。

カジュアルな雰囲気の同窓会や二次会などの場合はネクタイはなしで大丈夫です。この場合は、黒の革靴やベルト、上品なジャケットを着るだけですがグッと雰囲気が良くなるのでしょう。

男性の「平服」で招待された場合のコーディネートは結婚式、披露宴、葬儀、法事、同窓会のそのうちの場合も基本はスーツ、ジャケット・シャツ・ネクタイ・パンツのいずれかで大丈夫です。では「平服でお越しください」との案内文があった場合、何を着ていけばいいのか?気をつける点は何なのかにつきまして男性の場合を見てみましょう。

基本アイテムは上記のとおりとなってくるのですけど、行き先やそこに集まる顔ぶれに合わせて色合いやコーディネートを変えてアレンジします。葬儀や法事の場合には、喪服ではなくなったので全身真っ黒にしないとしましても大丈夫ですが、黒やグレー、濃紺などの落ち着いた配色で、柄もできるなら無地にするのが無難です。

たとえると、招待された会場が高級ホテルでありましましたり、上司や取引先、目上の方の出席が莫大場であるならばそれなりに品のあるコーディネートにしないと、自分自身も会場で萎縮してしまうでしょうことになりましてしまうかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る