ブログ

神聖な場にふさわしくない服装

65-05

カジュアルになりすぎない“さじ加減”に気を付けて。ママが、赤ちゃんの存在をかき消してしまうでしょうような格好をしては本末転倒ですし、場所が神社であることもお忘れなく。

素敵な格好であって、も肩や胸元が大きく開いていたり、ミニスカートに素足はNGです。フォーマル感を演出出来るジャケットを羽織るのもいいですよね。

お宮参りは赤ちゃんの晴れ舞台。主役はあくまで赤ちゃんです。

神社によっては靴を脱いでお参りするだけはあげられますし、本来、神聖な場所で素肌を露出するのは避けるのがしきたりです。かりに、全然正装は気が進まないでしましたり、用意ができませんといいましたときには、白のブラウスに上品なボトムスを合わせ、アクセサリーや小物できっちり感を出すなど、工夫してみてほしい。

ノースリーブならジャケットやブラウスを羽織る、スカートは長くても短くてもストッキングを履くのがベスト。清潔感を忘れずに、キレイめを意識してみましょう。

お宮参りは、神社で執り行われている神聖な儀式です。フォーマル=パーティースタイルではありませんので、気を付けましょう。

ハレの日です。赤ちゃんがお祝い義を着ているのに、その赤ちゃんを抱く母親がジーンズにTシャツ・スニーカー姿では、ちぐはぐな印象を与えてしまいましたとしてましているのです。

着物などフォーマルな装いでなくてはダメ、という決まりはないが、神様がおられる場であることを思えば、礼節をもちまして伺いたいものでしょう。場違いなほど派手で目立ちすぎるみたいな服装は、ふさわしいとは言いましてもません。

最初に、この神聖な場にふさわしくない服装の特徴を挙げてみましょう。フォーマルであったとしましても、デザインや色合いのチョイスが適切でない場合もあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る