アーカイブ:2018年 10月

  1. 65-06

    その会社の空気にあわせる

    プログラマーやSEなどのIT系お仕事なら、オシャレしすぎも考え物そのためね。面接では、周りの空気を読まない服装で来られるタイプの方は、真っ先にNG候補に入ってしまう事がよくあるのです。服装はそれを見るのにちょうどいくなったので、それで「協調性」を見つめているといっても純良かと思います。

  2. 65-07

    レディースファッションの情報源

    かねてはレディースファッションの情報源は雑誌が主流だった。年代や生活スタイル別に出てきている雑誌からお気に入りの一冊を探すのも逸楽です。何やかやと見る中で、好みの特集があるそしたら実際に雑誌購入をし、スタイルテクニックとして保存版とするだけはできる。

  3. 65-08

    あらたまった場に出ても恥ずかしくない服

    夏ならポロシャツとジャケット、冬ならタートルネックとジャケットで幾重にもオシャレに見えるよ。「平服」=「あらたまった場に出ても恥ずかしくない服」ということを頭に入れた上で、招待されました先に対応して毫末アレンジを加えてコーディネートするそしたら大丈夫です。

  4. 65-09

    ワイドに太って見られてしまう

    そこはさておき人間はやっぱり縦長シルエットになるんですから、パターン系の服を買う時は出来るだけボーダーよりも痩せて見えるストライプを選ぶようにしましょう。むしろボーダーは痩せて見えますどころでなくワイドに太って見られてしまう効果があるので出来るだけ避けるようにしよう。

  5. 65-10

    ジャケットにラフなスウェット素材

    シャツにギンガムチェックを取り入れたり、タイはニットタイや蝶ネクタイでもオシャレです。カジュアルパーティーであるならばノータイの服装で加わってもマナー違反ではないし、服装が1人だけ浮くなんちゃっていくこともありません。

ページ上部へ戻る