服装

  1. 65-02

    服装や身なりひとつで印象が大きく変わる

    夙に一方は、白シャツに一般的なスーツの服装で、髪は黒髪で綺麗に仕切ってる。たとえると、次の二つの例を比べて下さい。服装や身なりひとつで調停委員の印象がガラリと変わります。調停で話を聞くのは調停委員です。服装や身なりは、その人となりを「伝える」為の第一歩です。

  2. 65-05

    神聖な場にふさわしくない服装

    カジュアルになりすぎない“さじ加減”に気を付けて。ママが、赤ちゃんの存在をかき消してしまうでしょうような格好をしては本末転倒ですし、場所が神社であることもお忘れなく。素敵な格好であって、も肩や胸元が大きく開いていたり、ミニスカートに素足はNGです。

  3. 65-06

    その会社の空気にあわせる

    プログラマーやSEなどのIT系お仕事なら、オシャレしすぎも考え物そのためね。面接では、周りの空気を読まない服装で来られるタイプの方は、真っ先にNG候補に入ってしまう事がよくあるのです。服装はそれを見るのにちょうどいくなったので、それで「協調性」を見つめているといっても純良かと思います。

ページ上部へ戻る